JASRACに登録するべきですか?」というのは、indierevolution.jpによく来る問い合わせの一つです。

多くの場合、その回答は「登録する具体的な理由がないなら、止めておいた方が良い」というものです。それは、インディにとって、JASRAC信託していないと困ることは、ほとんどないからです。また、インディには、とりたててメリットもないですから、面倒なことに手を出す必要はありません。

中には「テレビ局に勤務する友達が、JASRAC信託してあるなら、番組内で曲を使ってくれるというのです」、だから「登録した方が良いですよね?」という問い合わせもあります。

現状、JASRAC信託されていない曲がテレビやラジオなどの放送で使われることはありませんから、どうしても、その番組で曲を使って欲しいなら、信託するしかありませんと回答しています。

しかし、同時に「番組で数回使われても、使用料が払われる可能性はまずない」ことと、レーベルに属している場合はちょっと異なる場合がありますが、「基本的に、JASRACには曲毎に信託するのでなく、あなたが今後作詞作曲する曲だけでなく、これまでに作詞作曲した曲も含め、すべての曲がJASRACに信託されたことになりますよ」と注意を促しています。

一番の問題は、多くのインディが「信託」という言葉の意味を理解していないことです。「信託」というのは、あまり一般的な単語でないので、indierevolution.jpでも極力使わず、分かりやすいように登録と言う言葉に置き換えたりしていますが、実際のところ「信託」と「登録」ではまったく意味が異なります。

まずは、JASRACのサイトから「著作権信託契約約款」をダウンロードして、この信託契約の目的が何であるかを確認してください。

注意:先日、このページの内容が「信託財産の独立性と著作権法上の権利が抜け落ちた論」になっているとの指摘をいただきました(ありがとうございます)。このページの内容に従えば、「信託=期限付きながら完全に譲渡」になっているという指摘です。簡単に言えば、JASRACに信託したからと言って、本来の信託の目的を逸脱した行為をJASRACが行うことはできないし、著作者の人格権も尊重されなければならないのだから、JASRACが「作者の意向を無視」して好き勝手に何をしてもよいわけではない、ということです。ごもっともな指摘で、確かにその通りです。しかし、このページだけでなく、このサイト全体に言えますが、法律論を展開したり議論することを目的としていません。端的に言ってしまうと、そこまで専門的な内容を書くつもりはありません。このページの目的は、インディアーチストに、JASRACに信託する必要が本当にあるのか、考えて欲しいだけです。アーティストにとって大事なのは、広く法律論的な信託について考えることでなく、JASRACとの間に締結される著作権信託契約の内容を理解することです。ただし、それでは無責任だと言われるかも知れませんので、詳細について知りたいアーティストは、ご指摘いただいた方も勧められていますが、「信託財産の独立性」でインターネットを検索してみてください。なお、このページで使っている権利の「譲渡」という言い方は、確かに語弊があるのですが、本来の「移転」という言い方は一般的でないので、そのまま「譲渡」を使うことにします。気になる方は、「譲渡」を「移転」と読み替えてください。

信託とは、権利を譲渡することです。つまり「JASRACに信託する」と言った場合、それはJASRACとの契約期間中に限られはしますが、権利を譲渡したことになるのです。

よく、JASRACは、使用料の徴収において、登録している作者の意向を無視した活動を行っている、などと言われることがありますが、それは完全に間違いです。なぜなら、JASRACは権利を信託(譲渡)されているのですから、自分が持っている権利を守るために、可能な限り、ありとあらゆる方法を使い、自らの裁量によって、使用料を徴収していいのです。そこには、倫理的あるいは心情的な問題は別として、作者の意向など関係ありません。

JASRAC登録しているインディには、「JASRACに著作権の管理を委託している」と表現する人達がいますが、すでに権利は譲渡されているのですから、間違いです。

例えば、包括契約の内容が、登録している作者の意向に添わなくても、仮に一部の作者にとって不利になったとしても、違法でない限り、JASRACがどんな契約を行っても自由なのです。

それが「信託」です。「信用して預けますので、自由に使ってください」ということなのですから、作者には口出しする権利はありません。

それでも良ければ、信託しても良いでしょう。でも、インディとは、本来、独立心や自立心、自律心が強く、何でも自分でコントロールしなければ気が済まない類いのアーティストのはずです。そんなインディが、「権利を譲渡」して、その後もずっと黙っていられるのでしょうか?

indierevolution.jpとしては、「
JASRACに登録するべきですか?」と問い合わせてくるインディには、一度、その点について、ゆっくりとじっくりと考えてから、結論を出してもらいたいと思うのです。