ダウンロードカード

ミュージックカードのページを更新

音源をダウンロードできるミュージックカードのページを若干更新しました。

ダウンロードカードについての続き

昨日、FizzKicksによる、終わったばかりのライブ音源がダウンロードできるダウンロードカードの販売について書いたが、この6月24日には、TBSテレビ、TBSラジオ、NEEDSによる赤坂BLITZでのライブ音源即売サービス、BLITZ T2Dが始まることもあり、ダウンロードカードによるライブ音源の販売には、しばらく注目した方がよいかも知れない。

ライブ直後にダウンロードカードでライブ音源を販売したのは、FizzKicksが日本初と思われるが、ライブハウスに設備を設置して恒常的にサービスを提供するのは、BLITZが初めてになるだろう。

インディミュージシャンやレーベルが自前で用意できる機器とソフトウェアを使ったFizzKicks方式に対して、ライブハウスに常設された設備で提供されるTBSのサービスと、それぞれ方向性は異なるが、その日のライブをその日の内に再体験できる感動をファンに提供しようとする考え方は共通と思われる。

なお、indierevolution.jpでは、昨日に続き、今日もFizzKicksによるダウンロードカード販売の様子を見に代官山へ行ってみた。

カードは、ライブ終了から10分足らずで発売になった。買い求めたカードでデータをダウンロードしてみると、約1時間半に及ぶ演奏の一部始終がMCトラックを含む21のトラックに分割して収められていた(サイズは約150MB)。

今後どこまで普及するかは未知数だが、現場のファンの反応を見ていると、拒絶する雰囲気はまったくない。新しい媒体に対する戸惑いもあるが、何度かライブ会場で目にして慣れてしまうと、急速に一般化することが期待できると感じた。