SanDiskがslotMusicを発表

SanDiskは、1GBのmicroSDカードにDRMのない320Kbpsという高音質MP3を保存した状態で販売する、slotMusicを発表した。詳細が明らかになっていないのだが、Universal Music GroupSONY BMGWarner Music Group、およびEMI Musicのアーティストの楽曲が発売になるようだ。ホームページに書かれた内容からすると、ごく普通の1GBのmicroSDカードにMP3PDF、ムービー、などのマルチメディアコンテンツを保存し、小さなUSBコネクタを同梱した状態で販売されると見られる。

SDカードで音源を販売する試みは過去にもあるが、DRMなしの通常のMP3というのは、アマチュアやインディを除けば初の試みだろう。

Indierevolution.jpがslotMusicに注目しているのは、その音質であるとか、メディア形式とか、DRMの有無とかそう言うことではない。こうしてSanDiskという大手がSDカードにMP3を保存して販売すれば、自ずと日本の携帯電話メーカーも対応した携帯電話を出さざるを得なくなるだろうと言うことだ。これにより、例えば、ライブをレコーディングした音源を当日の内にSDカードで配布するなど、多様なプロモーションに応用できるようになるはずだ。

もちろん日本でslotMusicが普及するか未知数だが、携帯電話をミュージックプレイヤとして使っているユーザがこれだけいるのに、未だにほとんどの携帯電話でMP3が再生できない不自然な現状がslotMusicによって変わることに期待したい。