モバイルウェブ

Android向けFlash Playerの終了

2012年6月にAdobeが発表した通り、この8月15日で、モバイルブラウザ向けFlash Playerの提供が終了した。

今後、AndroidでFlashの再生はできなくなる(Adobe Airを使う道は残っている)。

リッチでインタラクティブなコンテンツの再生に重宝したFlashがAndroidに対応しないとなると、代替技術を探す必要があるが、欧米主要国のネット利用者の過半数がパソコンでなく携帯端末という時代を迎え(日本では、以前から過半数が携帯端末だ)、俄然注目されているのが、モバイルウェブだろう。

モバイルウェブは、通常のホームページと同じようにURLを指定すると開くが、開いたページは、スマートフォンのネーティブアプリ同様の動作をするという、携帯端末を想定した技術である。

ブラウザが対応していれば、パソコンでもスマートフォンでも、プラットフォームに関係なく、同じように動作する点も特長だ。

とはいえ、モバイルウェブのHTML5+CSS3+Javascriptという開発環境は、誰でもすぐに使用できるものではない。また、FireFoxやOperaなど、完全対応していないブラウザもある(これは、HTML5自体が、まだ確定した業界標準仕様ではないこととも関係しているだろう。確定すれば、すべての主要ブラウザが完全対応するはずだ)。

いずれにしろ、Flashを使ったウェブサイトをAndroidで利用することは、今後できなくなるわけだから、これからホームページを作る、あるいはリニューアルを予定しているインディは、モバイルウェブの使用も検討したほうが良い。まだまだネット上に情報は少ないが、「モバイルウェブ」と「バンド」と「アプリ」などで検索して調べてみるとよいだろう。

モバイルアプリのページを追加

スマートフォン時代の機会損失を防ぐために、モバイルでのプレゼンス確保について考える、モバイルアプリのページを追加しました。