CD Babyがコンテストの要項を変更

この8月から、CD Babyが開始した「毎月のトップセラーアルバムをRyko/Warnerを通じて全米で流通させる」コンテストだが、9月分から要項が変更され、「cdbaby.comで販売されたCDのトップセラーの中からCD Babyが選んだアルバムをRyko/Warnerを通じて全米で流通させる」ことになった。これは8月のコンテストにおいて、トップセラーになったのが、James BrauschLife Management 101といういわゆる自己啓発の講義を収めたオーディオブックだったからだ。CD Babyでは、オーディオブックでも分け隔てなく今回のコンテストの勝者として全国発売してレコード店に並べるつもりのようだが、James Brausch自身がいつまでも勝者が発表されないため、オーディオCDでない自分のアルバムがコンテストから除外されたとクレームを付けている(公式にはクレイムしていないが、彼の信奉者にはそのように印象づけているようだ)。発表が遅れているのは、8月のデジタル販売およびライブで手売りされたCDの集計がまだ出ていないからだが、今後は同様のクレームが出ないように、cdbaby.comでの販売だけに限定することになった。またオーディオブックのようにレコード店の店頭に並べることが適当と思われない場合や実際は米国でライブを行っていないようなアーティストなど、全米展開に不適切と判断されれば、最も売れたCDでも除外されることがある。日本のバンドのチャンスは減るが、受賞時にもらえる$3,000を元手に、米国ツアーを組むなどのプロモーションにチャレンジする気があれば、別段心配することはないだろう。