Mixiミュージックが終了へ

mixiで楽曲再生リストを共有し、楽曲を購入できるオンラインラジオ、mixiミュージックが12月10日で終了する。

ユーザー数が伸びなかったのが理由ということだ。元々、クローズドなSNSであるmixiがなぜオンラインラジオのビジネスモデルにトライしたのか疑問もあるが、試した結果、日本でのオンラインラジオの難しさが再確認された形だろう。

SNS型のオンラインラジオは、海外では日本と比較にならないくらい普及しているが、有名なlast.fmやPandraでさえ手探りの状態が続いている。日本と違うのは、現状に危機感を覚えた音楽業界がこうした将来性のあるサービスに積極的に投資して、共に新たなミュージックライフスタイルを構築しようと試行錯誤している点だ。

そんな中、last.fmは、運営もCBS側に手渡すことが決まり、もうすぐベンチャーを卒業して音楽業界の新たな屋台骨を支えるべく新たな一歩を踏み出そうとしている。日本は、ゴールの位置さえ定かでないまま、完全に周回遅れとなったようだ。