YouTubeがライブストリーミングの制限をさらに緩和

YouTubeは、そのライブストリーミング機能、YouTube Liveの利用条件を従来の購読者1,000人以上のチャンネルから100人以上のチャンネルに緩和しました。

実際に利用可能になるまでまだ数週間はかかりそうですが、これでインディアーティストも少し努力して購読者を増やせば、YouTube Liveが利用できるようになるでしょう。

なお、YouTube Liveを使うにはアカウントのステータスが良好でなければなりません。「ステータスが良好」とは、著作権侵害の警告を受けておらず、かつ動画がすべての地域でブロックされていない状態を指します。

同時にYouTubeで動画に外部リンクを埋め込むことができるようになったので、YouTube Liveからも外部のストアへ誘導することが可能になると考えられます。