CD Babyがシングルダウンロード登録を開始

CD Babyが、1曲だけをcdbaby.comとデジタル流通パートナーを使ったデジタル販売で発売できるシングルダウンロード登録を開始した。

登録料$9だが、デジタル流通パートナーオプションを使うには、バーコードがいるから、バーコードがないと別途$20がかかる。ただし、しばらくは期間限定で$9でバーコードも発行してくれるということなので、3曲までならアルバムとして登録するより、シングルダウンロードで登録した方が、手間はかかるが安く上がる。

オンラインでいくら売ればいいか

Information is Beautifulが、How Much Do Music Artists Earn Online?という面白い記事をアップした。

これは、米国の最低賃金である$1,160(約10万円)/月を稼ぐのに、特定のオンラインサービスで、どれだけ月間の売り上げればいいかを視覚化したものだ。

例えば、1枚$9.99(約千円)の自作CDの場合、143枚売ればいいらしい。ちなみにCD Babyが例に出ていて、CD Baby経由なら、155枚だそうだ。

これが、いわゆる流通経由となると、アーティストの取り分はがくんと減るので、1,161枚が必要だ。

iTunesとNapsterでのアルバムのダウンロードは、1,229枚だ(これはレーベル経由の場合なので、CD Babyのようなアグリゲータを通せば、150枚くらいになると思う)。

Rhapsodyのストリーミングは再生回数が849,817回で、Last.fmでは1,546,667回、Spotifyに至っては4,549,020回だ。

こうして見ると、やはり自作CDを自分で売るのが一番効率が良い。月に150枚くらいというのは、決して夢物語ではないだろう。

現実問題として、在庫の管理や出荷などを考えれば、ライブで手売りしつつ、CD Babyのようなオンラインの委託販売を使うのが、最も効率よく、効果的だと思われる。特にCD Babyを使えば、iTunesなどの主要なデジタル流通パートナーが利用できるので、そのメリットは大きい。

同時に、Last.fmのようなストリーミングは、売り上げという点から見ると、非常に効率が悪い。オンラインラジオもラジオである、という考えに立てば、これは当たり前なのだろう。もともとテレビもそうだが、ラジオなどのメディア媒体は、プロモーションとしての価値は高いが、ヒットでもしなければ、それ自体の売り上げはほとんどないのが普通だ。

デジタル優勢の時代ではあるが、CDを無視するのは早計だし、メジャーなサービスも特徴を理解せずに使っていては、いつまでだっても音楽で飯は食えない、ということが分かる記事だ。

CD Babyのページを更新

CD Babyのサイトの内容を翻訳したセクションを公開後、日本語による登録の代行についてindierevolution.jpに問い合わせがちらほら来るので、オンラインでの登録フォームを追加させてもらいました。

CD Babyがアフィリエートサイトを復活

やや旧聞に属するが、2009年夏のサイトのリニューアル以来、閉鎖されていたCD Babyのアフィリエートサイトがcdbaby.bizでやっと復活した。

通常、このニュースのページでは、特定のサービスのこんなに細かい情報には触れないのだが、indierevolution.jpではCD Babyの利用をお勧めしているし、実際、indierevolution.jpの読者にはCD Babyの利用者も多いようだから、アフィリエートの利用が売り上げ増加に貢献するのではないかと思って、あえてとりあげた。

というのも、このアフィリエートは、CD Babyを利用するアーティストも登録して使うことができる。

つまり、アフィリエート機能を使って自分のアルバムへのリンクを作成し、それを自分のホームページに貼付ければ、そのリンクを使ってCD Babyで該当するCDが1枚売れる度に、アーティストとして受け取る売り上げに加え、アフィリエートのアカウントにも$1の売り上げが立つわけだ。

もちろん、自分のホームページに気に入った他のアーティストのアルバムへのアフィリエートリンクを張って、余録を稼ぐのにも使える。

なお、この自分が好きな他のアーティストのアルバムへのリンクを自分のホームページに張ると、アフィリエートとして稼ぐ以外にも、自分のアルバムを販売するための効果が期待できる。詳細は、いずれヒントのページに追加したいと思う。

ヒント4を追加

ヒント4のページを追加しました。

ヒント3を追加

ヒント3のページを追加しました。

Experiaがお土産音源を推進するか?

今日、Docomo/からAndroidを搭載したスマートフォン、Experiaが発売された。AUもIS01で、SoftbankもNexusOne(Desire)でAndroid携帯がそろい踏みとなり、話題ではある。

indierevolution.jpがAndroid携帯(とWindows Mobile携帯)に注目するのは、これらの携帯電話が、microSDカードに保存されているミュージックファイルを自動で探し出し、再生することができると期待されるからだ。

つまり手動にしろ
Mo-Sic Proのようなソフトウェアを使うにしろ、AACやMP3形式の楽曲をmicroSDカードにコピーするだけで再生できるはずなのだ。

ということは、AndroidとWindows Mobile携帯だけを対象にするかぎり、インディがライブを録音した音源を、ライブ直後にファンに配布/販売する
お土産音源が、非常に楽になる。極端な話、Zoom H2やRoland R-09HRなどでライブをMP3として録音したSDカードを、ライブ会場でmicroSDカードに大量複製する手段さえあればいいのだ。

DRMフリーが前提になるので可能かどうか分からないが、例えば、DocomoがExperiaのメーカであるソニーと協力し、Experiaユーザを対象にしたライブを開催し、その音源をmicroSDカードで持ち帰ることができるイベントでも企画すれば、面白いだろう。

indierevolution.jpでは、ここに音楽業界が探し続ける新たな金鉱が眠っていると信じているので、ことあるごとにレコード会社やレーベルに勧めているが、いっちょ試してみるか、という進取の気性を持つ、豪気な関係者にはついぞ会わないのが寂しい。

そこまでいかなくても、こうしたスマートフォンが普及することが、お土産音源を後押しする強力な推進力になり得る可能性に注目していきたい。