JASRACに公取委の調査

ついに公取委によるJASRACの立ち入り調査があった。遅すぎるとも言えるが、これでJASRAC帝国の崩壊が始まるだろう。

indierevolution.jpは、JASRACを否定しているわけではないが、そのシステムや構造、成り立ちなどに、大いに疑問を持っている。例えば、今回の調査は「JASRACと放送事業者の間で結ばれる包括契約により、放送事業者が他の使用料徴収代行団体と契約しにくくなっている」という、一般には分かりにくい理由なのだが、これはJASRACの包括契約というやりかたが時代遅れてあることと、ある種の矛盾を抱え込んでいることに原因がある。

詳しい話をし始めるとここに収まりきらないので割愛するが、現在、JASRACと放送事業者が包括契約を結べば、JASRACに著作権使用料徴収代行を信託している楽曲については、放送事業者(基本的にTVとラジオなどで、ネットラジオは入らない)は使い放題、かけ放題ということになっている。JASRACは、放送事業者からもらう包括契約の使用料(放送事業収入の1.5%)を信託楽曲に分配している。ここで問題になるのは、分配の基準が明らかになっていないため、JASRACが恣意的に分配を行っている、あるいはその基礎となるモニタリングを操作しているのではないか、という疑惑があることと、他の使用料徴収代行団体に信託されている楽曲が、この包括契約でカバーされないという2点だ。この問題は、相互に関連しているのだが、理解するのはちょっと難しい。

例えば、放送事業者は、包括契約を結んでいるのだから、支払っている1.5%ですべての楽曲を自由に放送したいのだが、JASRAC信託曲以外については、別途それぞれの徴収代行団体と別の包括契約を結ばなければならない。しかしそんな団体と1.5%ずつ契約していたら、利益が出ないので、結果、JASRACとだけ包括契約を結ぶということになる。さらに言えば、インディのように徴収代行団体に信託していない場合は、個別に契約する必要があるため、事実上、放送される可能性はない。

しかし、放送事業者はキューシートというものを持っており、どの曲がいつ放送されたかという情報は存在している。ということは、その情報を一括して管理して計算し、それぞれの信託先に1.5%から分配すれば、JASRACとだけ契約しなくてもいいはずなのだ。しかも信託されていない楽曲についても、ネット上のデータベースにでも公開しておけば、アーティスト自身が自分で検索して、必要に応じて請求を行うことができるはずだ。実際、海外では、このやり方に近い方法がとられている。なお、ネットラジオについては、日本では現在放送として認められていないが、楽曲の放送データはすべて自動でログできるので、海外のように放送と認めて、包括契約を許せば、もっと話が簡単になる。

JASRACは独立した団体だから、包括契約の一括管理は仕事ではない、という反論もあるだろうが、あれだけ天下りがいて、ほぼ市場を独占していて、独立した団体だから、勝手にやらせてもらいます、というのは、無責任だ。今回の調査がJASRACに対するプレッシャーになって、一気に状況が好転することに期待したい。

last.fmが日本向けコミュニティマネージャを募集中

last.fmは、日本のユーザ、レーベル、アーチスト、パートナーなどの窓口であると共に、同サイトの日本語ページのメンテナンスなども行うCommunity Managerを募集中だ。勤務地はロンドンなので、英国で仕事をしてみたい音楽好きの方はトライしてみてはどうだろう。なおlast.fmユーザであることと、ユーモアのセンスがあることが条件となっている。

MySpaceがMySpace Musicを発表

長らく噂されていた通り、MySpaceがMySpace Musicという名前で音楽販売に本格的に乗り出すことになった。とりあえず、ストリーミングから始まり、DRMフリーのMP3ダウンロード販売、マーチャンダイズ販売、チケット販売へと、数ヶ月かけて展開し、音楽のワンストップストアを目指すという。携帯電話向けのデジタル販売も、何らかの形で始まるとされる。

またリスナはプレイリストを構築して公開できるようになるらしいので、MySpaceのミュージックSNS的側面がより強まることになる。

MySpaceの会員は1億1千万人いるとされ、登録アーチストが5百万人、リスナは3千万人程度いるようだ。この数字は、last.fmのリスナ数である2千万人強に匹敵する。メジャーレーベルがこぞってlast.fmに楽曲提供を行って新たなデジタル販売の道を模索しているが、MySpace MusicにもEMIを除く3大レーベルが参加を表明しており、英国と米国で最大のミュージックSNSで大規模な実験が始まったとも言えるだろう。

メジャーレーベルでもすでにCDの終焉を見据え、次の道をデジタルに見出そうとする動きな訳だが、利益率の低いiTunes Storeが一人勝ちという現状を打破し、市場への影響力を取り戻したい思惑もあると考えられる。

一方、日本のMySpaceについては、将来像が不鮮明だが、同じくソフトバンク傘下であるYahoo! Musicとの連動という解決策もあるかも知れない。

いずれにしろ、MySpaceに限らず、そろそろレコード会社や著作権使用料徴収代行団体側からミュージックSNSやデジタル販売に対する積極的な動きが出てきて海外の動きに追いつかないと、アーチストが機会損失する結果になりかねない。違法コピーによる損失については、声高に糾弾する人や団体は多いが、法律や制度、業界の構造的な問題などで、多くのアーチストが機会損失していることは、話題にはなっても議題になることがほとんどない。このような現状だと、ある日突然外圧によって規制緩和を迫られ、制度崩壊させられてしまう危険さえあるように思われる。

例えば、国内の提携レーベルがiTunes Store Japanになかなか楽曲提供しないため、業を煮やして海外のiTunes経由で楽曲提供し始める海外アーチストは意外といる。last.fmにしても、英語インタフェースを選べば日本からでもラジオは聴ける。対応が遅れる日本と海外の現状の差はどんどん乖離するばかりということだ。

iTunes Storeが全米1位の音楽ストアに

Appleは、iTunes Storeが音楽ストアとしてWal-Martを抜いて全米1位になったと発表しました。基本となったのは、今年1月時点の売り上げのようですが、Appleのシェアは19%で、2位以下はWal-Martの15%、Best Buyの13%、amazon.comとTargetが6%とかなり離れて続き、それ以下は3%以下となっています。発表によれば、これまでの顧客数が5千万人で40億曲を売り、現在の楽曲カタログは6百万曲となっているので、名実共に世界最大のデジタル・ミュージックストアと言えるでしょう。

興味深いのは、これがデジタル販売とCD販売の総合的な売り上げの結果ということです。つまり、米国の音楽購買行動は、確実にCD離れしているということです。このまま行けば、一部のビジョナリー達が予測しているように、5年から10年以内にCDは終焉を迎え、レコード会社もなくなっているかも知れません(少なくとも、現在のレコード会社と同じ状態/状況ではないでしょう)。

日本のデジタル販売は、携帯電話が中心で、着歌/着歌フルが主流だから、米国のようにiTunes Storeの一人勝ちという状況にはなっていません。しかし、最近の携帯電話ユーザを対象としたアンケートによれば、着歌/着歌フルの音質の低さと価格の高さが不満の上位に入っています。iPhoneがiTunes Storeから直接楽曲をダウンロードで購入できるように、今後は携帯電話がスマートフォン化してパソコンとの境が曖昧になっていくと、MP3をダウンロード販売するサービスも出てくるでしょうから、現状の着歌/着歌フルの音質と価格を維持することは不可能でしょう。

iPhoneがいつ日本で発売になるかまだ分かりませんが、最短ではこの5月か6月が予想されています。国内のサービスが対応を誤れば、日本でもiTunes Storeが1位になる日も近いと思われます。アーチストは、サービスを利用するだけですから、何か積極的に行動することはできませんが、携帯向けの音楽配信/販売サービスを行っている方は、要らぬおせっかいではありますが、携帯向けのMP3ダウンロード販売を真剣に検討することをお勧めしておきます。