ダウンロードカードのFizzKicksがアップグレード

インディ向けミュージックダウンロードカードのサービスを提供するFizzKicksがアップグレードされた。

これまで正式な発表がなかったので取り上げなかったが、実は2014年の11月には新しいシステムが稼働しており、すでに新しいシステムで動作するカードも使われている。

2014年の11月22日には、米ニューヨークの
Robin's Egg Blueのジャパンツアーで、当日のライブ音源が翌日にはダウンロードできるカードがチケットとして販売され成功したようだ。

新システムは、後述するように多くの点が旧システムと異なるため、旧システムのアーティストアカウント、コンテンツ、ダウンロードカードなどは新システムに移行できない。旧システムは、URLが若干変更されたが当面は並存して行くということで、若干の混乱はあっても大きな問題は起きないだろう。

旧システムを利用していたアーティストが新システムを利用するには、新たにアカウントを作成してコンテンツもアップロードし直す必要がある。その際には、可能な限り旧システムと同じアカウント情報で登録した方が無難だ。

新システムの主な変更点は次の通り:

1)旧システムで使われていたFlashは使われていない:Flashを排除し、HTML5およびCSS3を採用したことで、iPhoneなどのiOS端末でも利用できるようになった。なおInternet Explorerについてはブラウザ側の問題なのか、後述するFanBoxが正常に表示されないようだ。

2)ダウンロードしたコンテンツはクラウドストレージに保管:ファンがコンテンツをダウンロードしようとすると、電子メールアドレスの入力を促されるが、そのアドレスで専用のFanBoxと呼ばれるクラウドストレージが作成される。コンテンツはまずそのFanBoxに保管される。パソコンやAndroidからFanBoxにログインすれば、いつでも保管されているコンテンツをダウンロードできる。またパソコン、Android、iOS端末でログインして、オーディオをストリーミング再生することもできる。

3)ハイレゾ音源のアップロードが可能:WAVやFlacなどのハイレゾ音源をアップロードすると、自動的にMP3などのファイルも生成されるので、ファンは使っている環境に合わせた品質のファイルを指定してダウンロードすることができる。

4)ダウンロードコードだけを購入可能:カード印刷を発注せずにダウンロードコードだけを注文して、自分でポストカードに印刷したりメールで送付することができる。

5)カードにQRコードを印刷可能:スキャンすると該当するダウンロードコードが入力された状態でアーティストページが開くQRコードを印刷することができる(有料オプション)。

6)一つのアカウントで複数アーティストを管理可能:レーベルなどが複数のアーティストページを作成したい場合、作成したアカウント内にアーティストアカウントを作成して管理することができる。

7)FacebookやSongKickと連動:Facebookのアーティストページからニュースを自動転載したり、
SongKickにアーティストアカウントがあればライブ情報を自動転載できる。SongKickは日本では普及していないが、ライブを盛んに行ってチケットをオンライン販売しているアーティストは、この機会にSongKickを利用するのも面白いだろう。

次のURLに基本的な使い方が掲載されている:
https://fizzkicksjapan.zendesk.com/hc/ja/articles/203970795