Amie Street Japanがサービス停止

ターボリナックスジャパン100%小会社で、米Amie Streetの日本向けサービスとして2007年にサービス開始したエイミーストリートジャパンがこの2月10日でサービス停止した。すでにホームページもなく、URLは、米国のサイトに転送されているようだ。

サービス停止に至った理由については、よく分からないが、サービスの内容が日本に馴染まなかったのかも知れない。面白いサービスなので、頑張って欲しかったが、デジタル音楽販売が安易に参入できない難しい市場であることを証明した1例でもあるだろう。

Derek SiversによるMIDEMビデオレポート

世界のインディの総本山的位置付けにあるCD Babyの創業者Derek Siversが、先月フランスで開催されたMIDEMで13の出展者にインタビューしたビデオレポートを公開した。

MIDEMについては、昨年から日本も業界をあげて積極的に参加するようになり、ある程度詳しい情報が入ってくるようになったが、このレポートはこれまでになく貴重で重要な情報と言えるだろう。

JASRACに排除命令

2008年4月の放送各局とJASRAC(日本音楽著作権協会)の間の包括契約に関する立入検査に続き、公正取引委員会がJASRACに対し、独占禁止法違反(私的独占)で排除措置命令を出すことを事前通知した。

包括契約は、決して悪いものではないが、放送事業収入の1.5%をJASRACに払うだけで、JASRACに信託されている楽曲を使い放題となるため、放送局では、JASRACに信託されてない楽曲あるいはJASRAC以外の使用料徴収代行団体に信託されている楽曲を使わない実態がある。

そのため、テレビやラジオでかけてもらおうと思えば、好むと好まざるに関わらずJASRACに信託せざるを得ない状態になっている。また包括契約では、楽曲の使用回数をサンプリングで算出しているため、分配される使用料が実際の使用回数に基づかない不正確なものだという問題もある。

以前からindierevolution.jpでは、
はじめにのページでも触れている通り、私的録音保証金のようにJASRACが正確に記録を取り、信託されていない楽曲の使用料も分配できるようにするべきだと考えている。

今回の排除命令により、まずJASRACは、放送で使用されたすべての楽曲の正確な記録をとり、その内容に基づき、他の使用料徴収代行団体に使用料を分配することになるだろう。ここで問題なのは、使用料徴収代行団体に信託していないインディの場合だ。JASRACが、放送に使用された楽曲の情報を何らかの形で公開することで、インディが自分で調べて使用料を請求できるシステムが生まれることに期待したい。

ネットラジオにLast.fmを追加

ネットラジオのページにLast.fmを追加しました。

CD or Not CDを更新

CD or Not CDのページを若干更新しました。

ライブのページを更新

ライブのページに、販売を追加しました。