EMIが楽曲を無料配布

Princeが新譜を新聞のおまけに付け、Radioheadが言い値で新譜を売る時代だから、何が起きても驚きはしないが、さすがにレコード会社自身が無料配布を行うとなれば、無視はできない。EMIは、New York Daily News紙の2月3日の紙面に記載されたコードをNydailynews.comで入力することで、12万曲のラインアップから3曲を無料でダウンロードできるキャンペーンを行う。

音楽を無料配布すると、音楽の価値が下がると言う向きもあるが、元々音楽の価値とは金額換算されるものではなく、その作品としての質で決まるはずだ。もちろんその「質」の評価は、時代や環境によって変わるだろうが、無料で配布したら価値が0になってしまうことはあり得ない。ましてや、無料といっても、どこかでだれかがお金を払っているか、放棄しているか、別の手段で対価が見込めるか、なわけだから、金銭的な意味での音楽の価値云々という議論は全く意味をなさない。あるとすれば、音楽ファンが音楽を軽んじる時代が来るのではないか、という不安と恐怖なのかも知れないが、原初的な音楽の意味を考えれば、音楽とは宗教や哲学とも関係しているし、ライフスタイルとも関係しているわけで、無料で入手したから軽んじる、ということは想像しにくい。軽んじられる音楽は、その程度のものだったと思うしかない。

今起きていることは、単に新しい音楽の販売の仕方が生まれつつあるだけだ。やや試行錯誤して入るが、確実に新しい時代の夜は明けつつある。海外では今後もこの傾向が続くだろうし、その波は否応無しに日本にも届く。対岸の火事を決め込んでいる業界関係者は、後で泣きを見ないように今から準備しておくべきだ。

last.fmがインディにも直接支払い

last.fmは、これまでもEMISony BMGUniversalWarnerという4大メジャーレーベルをはじめとする多くのレーベルと提携しており、著作権使用料徴収代行団体とも契約があるため、レーベルとして楽曲を提供しているアーティストには、売り上げとして包括契約からの分配があった。しかし直接楽曲をアップロードしているインディには、売り上げの支払いは無かった。インディにとっては、last.fmはプロモーションツールでしかなかったわけだ。

昨年末に
CD Babyとlast.fmが提携して、CD Baby経由で楽曲が提供されたアーティストにはCD Baby経由で売り上げが支払われることになって一歩前進したが、さらにlast.fm自身が楽曲登録しているすべてのアーティストに広告収入を分配して払うと発表した。これで、またひとつインディの収入源が増えたことになる。last.fmが日本で普及しないのは、いつまでもネットラジオを「ラジオ」として認めず、JASRACとの包括契約が行えないため、ストリーミングができないからだ。法律も変わりつつあるが、この変化の遅さはなんとかしてほしいものだ。

また広告収入型の無料ストリーミングも開始することを発表した。ネットラジオ+音楽SNSの世界での、last.fmの一人勝ち状況は、しばらく続きそうだ。

CDジャケットとバーコードのページを更新/追加

CD or Not CDのセクションにページを更新/追加しました。

インディプロファイリングのページを追加

インディプロファイリングという、indierevolution.jpが勝手に考えだしたファンとの接点を見出し、ファンを増やすための第一歩の手法を説明するページを追加しました。

YahooがオンラインMP3プレイヤーを公開

Yahooがblogなど、ホームページに埋め込むだけで、オンラインでMP3ファイルを再生できるFlashベースのオンラインMP3プレイヤEasyListenerを公開した。Code Creatorを使ってコードを生成し、コピーして自分のページのHTMLへペーストするだけだ。この機能を使えば、自分のホームページで音源をストリーミング公開して、気に入ったらお金を払ってもらい(つまりシェアMP3)、払ってもらったらダウンロードURLを返信する、という方法での楽曲販売も可能となるだろう。

シェアMP3のすゝめ、を更新

自分のホームページでMP3ファイルを無料で公開し、気に入ってくれたリスナからオンラインでクレジットカードでお金を払ってもらう、シェアMP3というコンセプトを推奨するページをちょっとだけ更新しました。

SONY BMGもDRMフリーへ

米国の話だが、ついにSONY BMGもDRMフリーMP3での楽曲販売に移行するようだ。当面は、実験的にAmazon.comで販売することになるらしい。これでEMI、Universal MG、WarnerとSONY BMGの4代メジャーレーベルすべてが、何らかの形でDRMフリーに移行したことになる。

そしてNapsterも楽曲販売はDRMフリーのMP3に移行していくことを発表した。

こと音楽に関する限り、MSのDRMは廃れて忘れ去られていくことになる。

日本ではDRMフリーの形が見えてこない現状だが、過去の例から言っても、遅かれ早かれ、海外の動きに追従しなければならないことは明白だ。日本では着歌が売れているから、特殊な市場が形成されていくんだと言い張る向きもあるが、そのプラットフォームたる携帯電話こそが、今パソコンとの境界線がなくなりつつあるわけで、iPhoneに代表されるフルブラウザであらゆるインターネットのサービスが利用できる端末が現れたとき、低品質で高価格、ポータビリティも皆無な着歌が、現在と同じだけ売れるかどうかは疑問だろう。というか、今と同じ状態であり続けられないのは、あまりに自明のような気がする。

英国のダウンロード販売が二倍に

英国の2007年最終週のダウンロード販売が昨年比二倍以上になったそうだ。その原因の一つには、クリスマスにiPodやデジタル販売のプリペイドカードをもらった、というのがあるらしい。

マーケティングの世界には、昔からひげ剃りと替え刃の関係と言う理論があり、大雑把に言うと、消費者に対してひげ剃りを無料で配っても、替え刃を買い続けてもらえば、結果として長期間に渡り儲けが出るというものだ。今回のこの現象は、この理論がまだ有効かもしれないことを示唆していると思う。つまりきっかけは無料で配り、その後の継続的な消費を期待する、というわけだ。

AppleがiTunes Storeで行っていることは、iTunesの儲けがほとんど出なくても、iPodが売れればいい(iPodの粗利は40%以上らしい)というもので、常に魅力的な新しいiPodを送り出して買い替え需要を煽る必要はあるが、ある種のカミソリと替え刃の関係に似ている。

インディの目から今回のニュースを見た場合、例えば、自分たちの楽曲が無料で手に入れる権利なりを配り、そこから今後の継続的な消費を期待する、というのもありだろう。問題は、今のところ、iTunes Storeのような主要なダウンロード販売サービスで、自分の楽曲だけが入手できるプリペイドカードのようなものを作れないことだ。indierevolution.jpでは、この問題を解決できるかどうか、現在検討中で、可能性があれば、近いうちに何かしら発表したいと思う。

indierevolution.jpが米BEATWIRE.COMと提携

indierevolution.jpでは、米国ニューヨークのBEATWIRE.COMと提携し、日本のインディバンドのプレスリリースを海外1万を超える宛先に配信する「indierevwire.com」サービスを2008年1月から開始します。詳細については、こちらのプレスリリースを参照ください。

おめでとうございます

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。