Gigable.netが日本向けサービスを開始

ライブ専門のクラウドファンディング・サービスである、米Gigable.netが、日本向けのサービスjapan.gigable.netを公開した。

アーティストが利用できるクラウドファンディング・サービスは、国内にもたくさんあるが、ライブ専門というのは珍しいだろう。

アーティストやライブ会場、あるいはプロモータが、チケット代を基に支援金額を設定してキャンペーンを実施するのが基本だが、設定した目標金額に足しなくても予定された期日が来たら支援金を集金することもできるので、チケット販売のプラットフォームとしても利用できる。

例えば、チケットノルマのあるライブで、手売りで売れ残ってしまったチケットをディスカウントして販売してみるのも面白いだろう。事前に渡した名簿に記載された名前で入場できる会場なら、チケットを郵送する必要もないし大きな問題はなさそうに思われる。

複数の支援レベルが設定できるので、チケットのみ、チケットプラスアルファに加え、例えば当日のライブには来ないけれど録音した音源のダウンロードは後日可能、といった柔軟設定が可能だ。

なお、国内のクラウドファンディング・サービスでは、支援を表明すると同時に資金が請求され、キャンペーンが成立しないと返金されるものがあるが、Gigable.netではKickstarterなど海外の主なサービス同様にキャンペーンが成立しなければ請求も起きない方式になっている。

また、本家のGigable.netでは、地元に呼びたいアーティストのライブを仮想的に想定して草の根的に開始されるキャンペーンも行われている。このような仮想ライブのクラウドファンディングは、海外ではちらほら見られるようになっており、今後のトレンドとして受け入れられるかどうかにも注目したい。