CD BabyがCD-Rデュプリケーションを開始

CD Babyでは、CD-Rのオンディマンド・デュプリケーションを開始しました。

通常のクリアなジュエルケースであれば、5枚などの少量をデュプリケーションして、CD Babyの倉庫など、指定した場所へ納品させることができます(オプションの選び方によっては、100毎以上しか選択できないものもあります)。ただし、米国外へ納品する場合は、別途手続きが必要になりますので、実質上、米国限定のサービスと考えてよいでしょう。

また音源やジャケット画像は、デジタルファイルをアップロードすることができるので、すべての作業がオンラインで完了します。

UPCバーコードの発行やラッピングのオプションもあり、内容としてはkunaki.comが提供しているサービスと同等と考えてよいでしょう。オプションの豊富さと親会社である
discmakers.com譲りの優れたオンラインでのインタフェースからすると、kunaki.comよりも使いやすいかも知れません。ただし、料金を見ると、5枚だけCD Babyに送った場合、1枚が送料込みで9ドルくらいになるので、赤字にならない売値は最低でも15ドルになってしまいます(CD Babyが売り上げから4ドル取るので)。100枚作れば、1枚が3ドル前後くらいになるので、現実的でしょうか。料金だけ考えると、kunaki.comのが有利なようです。

なおCD-Rデュプリケーションということで、品質に不安がある向きもあるかもしれませんが、現在では、このようなプロ品質のデュプリケーションなら、市販のCD製品と違いはほとんどありません。CD Babyでも「ホームメードのCD-Rだと、お客様に返品されることがあるが、プロ仕様のCD-Rデュプリケーションでは基本的に返品されたことはない」としているので、インディが販売する上で、特に問題になることはないでしょう。

CD Babyがサイトを更新

CD Babyが、そのストアアーティスト・メンバー・ページを更新しました。

ストアは見た目が変わっただけでなく、多くの要望があったプレイリストも追加されました。このプレイリストでは、特定の目的や環境にあったCDを提案するもので、毎週更新されます。

メンバー・ページは、ぱっと見、見た目が変わっただけですが、実は新たなサービスが加えられました。そのニュースは別に投稿します。

はじめに、を更新

はじめに、のページを若干更新しました。基本的な内容には変更ありません。

CD Babyの日本語登録代行フォームが復活

CD Babyへのメンバー登録、およびアルバム登録を代行してもらうための日本語のオンライン登録フォームが復活した。以前より、若干長くなり、使いにくくなったが、英語での登録を躊躇していたインディミュージシャンには朗報だ。

なお、登録は日本語で行えるが、メンバーページおよび日常的に送られて来る連絡メールなどはまだ英語のままなので、注意が必要だ。