Danger MouseがブランクのCD-Rを発売

EMIによるDanger Mouseの新譜、Dark Night Of The Soulの「法的な問題」を理由にした発売中止を受け、Danger Mouseは、このアルバムを通常のジュエルケースにライナーノーツと共に収められたブランクCD-Rとして発売すると発表した。

ブランクCD-Rを買ったファンは、インターネットから無料で楽曲をダウンロードして、自分でCD-Rに焼いてオリジナルCDを制作できるということだ。

例外的なケースだから、これが何か新しいビジネスモデルを示唆するかどうかはまだ分からないが、ダウンロードの利便性と自由度を活用しつつ、好きなアーティストの作品をメディアとして所有したいというファンの欲求を満たす面白い試みになるかも知れない。