Walmart.comがDRMサーバ停止へ

Wal-Martは、同社のwalmart.comで販売しているミュージックのDRMサーバを、2008年10月9日で停止すると発表した。これにより、10月9日以降は、同社が2008年2月まで販売していた保護されたWMA形式の楽曲をコンピュータやプレイヤ間で移動することはできなくなる。

同社は、2007年8月からDRMのないMP3でのミュージック販売を開始しているわけで(2008年2月以降はMP3のみを販売している)、本来であれば、WMA版からMP3版へ無料で差し替えるのが、正しいユーザサポートだと思うが、なぜか一切の救済措置はない。同社では、ユーザに「CDに焼いてバックアップ」することを勧めている。

すべてのDRMが失敗したわけではないが、DRMから撤退するサービスが相次ぐと言うことは、ユーザの利便性を無視したDRMは、やはり市場に受け入れられないと言うことだ。