Amazon MP3がベータに

かねてより近日開始と報道されていた米Amazon.comのDRMフリーのダウンロード販売サービス、Amazon MP3のベータが公開された。EMIやUniversalなどのメジャーおよびインディの2万以上のレーベルから200万曲程度を、DRMフリー、256kbsとiTunes StoreのiTunes Plusと同等の仕様で提供する。価格は、1曲が89から99セントで、アルバムは5.99から9.99ドル程度となる。全体にiTunes Storeよりは安めに設定されるようだ。海外では、DRMフリーは当然となって来た。しかも価格は下がる傾向にある。日本の状況は遅れていると言えるが、それは売る側だけでなく、作る側の意識が遅れていることも一因となっている。インディの中にも、盛んにDRMの必要性を訴える人がいるが、一体、何のために音楽を作り発表しているのかもう一度考えてみた方が良い。より多くのリスナーに曲を聴いてもらうには、ありとあらゆる場面で曲が聴ける状況になければならないが、DRMをかけるということは、その機会を減らすことにしかならない。WMを使えば、iPodで聴けず、FairplayをかければiPod以外で聴けない。DRMを外すことが生み出す弊害ももちろんあるが、音楽活動というその根本的な部分を見つめ直してみると、インディはライブを中心としたリスナーとの関わりにこそ存在意義があると言っても過言ではないだろう。となると、発表した楽曲はできるだけ多くの人に聴いてもらうことが重要で、DRMなどというビジネスの論理の上に生まれた発想は、インディにはそぐわないと考えるべきだろう。