DiscRevoltがメディアセンターを発表

アーティストが自分の楽曲をアップロードして、販売できるストアとミュージックカードを提供するDiscRevoltが、自由にホームページに貼付けることができるウィジェット方式のオンラインストア、Digital Media Centerを発表しました。

実は、DiskRevoltは、以前からこうしたウィジェットをカスタムで提供していたが、これを標準サービスとして提供し始めたわけだ。同様のミュージックカードとウィジェットの組み合わせは、
FizzKicksが以前から提供しているので、これで同じ土俵に登ったということだろうか。

ただしFizzKicksは日本からもメンバー登録して楽曲アップロードができるが、DiscRevoltは日本からの登録は事実上できない。またカードの注文方法や前出のウィジェットの使い方も、非常に複雑で分かりにくいので、日本から使えるようになるのはまだまだ先だろう。

ミュージックカードの利用を検討しているインディは、
ミュージックカードのページも参照して欲しい。