Fan-Boはもっと注目されていいと思う

ここには、あまりに周知のことは書かないようしているので、Fan-Boについても、どうせすぐに注目されるから放っておこうと思ってたけど、何か、あんまり盛り上がっていない風でもあるし、ちょっと書いておくことにします。

バンドがアルバム制作などのプロジェクトを企画し、サポータによる支援金を募るというFan-Boの仕組みは、最近流行りのクラウドファンディングということになります。

バンドが使うクラウドファンディングとしては、米国の
KickstarterやドイツのSellabandが有名だけど、「支援金」の額でサポートコースが分かれていることを考えると、Fan-Boは、英国のPledgemusicに近いです。

クラウドファンディングのサービスは、国内にもいくつかあるし、アーティストも利用していますが、Fan-Boがそういうサービスと異なるのは、運営しているのが
Electric Eel Shockというバンドのベーシスト、つまりミュージシャンだと言うことです。

そして、このバンド(のメンバー)がクラウドファンディングをやっていることに意味があるのは、
2008年に書いたように、バンド自身にSellabandでクラウドファンディングによるプロジェクトを成功させた体験があるからです。

indierevolution.jpでは、ミュージシャンのためのサービスは、ミュージシャンによって運営されるのが理想、と考えているので、Fan-Boを陰ながら応援せずにはいられません。

またFan-Boのシステムを見てみると、例えば、バンドが半年先のライブを企画し、そのチケットに対してサポータを募り、十分な人数が集まればライブ開催、集まらなければキャンセルというプロジェクトも可能なように見受けられます。

このライブの前に予約を取り、その人数次第で、開催かキャンセルを決定するというアイデアは、indierevolution.jpがここ5年くらい研究しているシステムで、Fan-Boは、その実現に非常に近い感じがするのです。

最近の海外の事例から、このように事前にライブの予約をとる場合、ファンクラブや
ストリートチームに任せるとうまくいくことが分かっていますので、ある程度のファンベースがあるバンドであれば、ファンのリーダ的存在と協力することで、プロジェクトが成功する可能性は高いと考えられます。

そこまで組織的にやらなくても、これまでに集めたファンのメーリングリストで告知/宣伝してもある程度の効果は見込めるでしょう。

なお、Fan-Boは英語にも対応しているので、海外のツアーを企画し、海外で支援金を集めることで、世界ツアーなんてのも可能かも知れません。

いずれにしろ、ミュージシャンがミュージシャンのために始めたサービスなのに、あまり話題になってないみたいなのが寂しいので、取り上げてみました。