NTTがMUSICOでDRMなし配信

NTTコミュニケーションズが同社のデジタル販売サイトMUSICOで、この10月30日からDRMなしの配信を開始する。iTunes Store並かそれ以上の音質で、J-POPへの強みを前面に出してiTunesに対抗する狙いだ。1曲の価格が邦楽の260円と洋楽の190円と格差があること、徐々に拡張するとはいえ当面はEMIミュージック・ジャパンの約10万曲だけ、というのが気になるが、大手の楽曲をDRMなしで配信するのは、日本初であり、高く評価できる。邦楽の値段が高いのが気になるが、高額/低音質の着歌の存在が洋楽と同等の値付けの障害となっているのだろう。しかし、高音質でDRMなしの音源が広まれば、自ずと着歌離れも進み、いずれは全体の値段と音質はPC向けデジタル販売サービスの標準へと収斂するに違いない。

indierevolution.jpでは、かねてより、本来の「より多くのファンに聴いてもらう」という目的を考えれば、DRMなしが自然な流れと説いているが、日本のインディではDRMに異常に執着する例が多いことを危惧してしていた。しかし、こうして大手からDRMなしに移行してくれれば、業界の末端までDRMなしが標準となる日も近いだろう。