AmazonがAmazon Cloud Playerの提供を開始

Amazon.co.jpが遅ればせながら、Amazon Cloud Playerの日本での提供を開始した。

このサービスは、Amazon MP3ストアで購入した楽曲がAmazonのクラウドストレージ上に保存され、パソコン以外に
Android用アプリiOS用アプリを使って、パソコンを含め最大10台の端末で再生できるというもの。

特にiOS用のAmazon Cloud Playerアプリは、iTunesライブラリにもアクセスできるので、Amazon MP3ストアで買った楽曲も、iTunes Storeで買った楽曲も一つのアプリで再生が可能だ(ただし互いの楽曲をシャッフルしたり、互いに混在するプレイリストは作成できないようだ)。

これまで、インディがスマートフォンを念頭に楽曲をプロモーションする場合、Android用の標準ミュージックストアと再生環境がなかったため、どうしても買いやすく聴きやすい(つまり売りやすい)iOS端末とiTunes Storeを前面に出さなければならなかった。

その結果、膨大な数のユーザがいるにも関わらず、Android端末に対する手当が後手に回るというか、おろそかになりがちだった。

しかしAmazon Cloud Playerで、パソコンでもAndroidでもiOSでも、自由に楽曲を再生できるとなれば、今後は、Amazon MP3ストアに一本化してプロモーションしても良いかもしれない。

販売する時に、iTunesはこっち、Amazon MP3はこっちとやるより、Amazon MP3へのリンクだけ張って、Amazon Cloud Playerを使えば、パソコンでも、iOS端末でも、Androidでも聴けますよ、とした方がスマートな気がする。

余談だが、Amazon MP3ストアで複数の楽曲を一度に買うと、パソコンにダウンロード用のソフトであるダウンローダをインストールし、楽曲ファイルをまとめてダウンロードするように促される。

iOS端末のユーザは、ダウンローダのインストールやダウンロードしてiTunesライブラリにコピーするのが面倒で(実際には、コピーは基本的に自動だが)、Amazon MP3ストアを無視してきたに違いない。

しかし、今後は、目的がiOS端末にしろAndroidにしろ、スマートフォンでの再生なのであれば、パソコンへのダウンロードを促された時点でダウンロードはキャンセルしてもよい。もちろん、後でパソコンへダウンロードすることも可能なので、心配しなくても良い。

ダウンロードしなくても、楽曲はAmazonのクラウドストレージ上に保存されている。

このままだとスマートフォン側のAmazon Cloud Playerが楽曲を認識できないので、購入後にパソコンのブラウザを使ってAmazon Cloud Playerで購入した楽曲を一度認識させてやる。これで、スマートフォン側のAmazon Cloud Playerにもアルバムが表示されるようになる。こうして、パソコンに楽曲をダウンロードしなくても、スマートフォンで楽曲が再生できようになる。

楽曲を販売する側から考えると、端末による購入方法や再生環境の違いを考慮しなくてよくなるのはありがたいことだ。