AppleがiPod touchを発売

かねて噂の新型iPodが、9月5日に発表された。nanoは新しくなり、従来の最上位機種はclassicという製品に生まれ変わったが、目玉はiPhoneの電話なしバージョンとも言える、iPod touchだろう。ワイアレスネットワークに接続でき、iTunes Storeから直接楽曲を購入/ダウンロードできる。またOS XのウェブブラウザであるSafariが搭載されており、ウェブブラウジングが可能だ。YouTubeにも一発で接続できる。これでメールが送受信できればPDAぽく使えるのだが、多分、ウェブメールは使えても本文の入力にはそうとう手こずるだろう。再大容量が18GBと小さいし、カメラがないのも不満だが、デモ動画でインタフェースをみる限り、本当に凄く良くできている。Wal-MartやAmazon.comなどが、iTunes Storeへの挑戦は続いているが、ことMP3プレイヤのジャンルでは、ZuneにしろWalkmanにしろ、iPod touchに勝てそうな製品は見当たらない。こうなるとSONYのRollyがどんな製品となって現れるか楽しみだが、iPod touchを凌ぐかは疑問だ。せめてiPod touchより早く公開しておけば良かったと思うが、ティーザ戦略が裏目に出そうだ。