Saul Williamsも支払いの判断はファン次第

Radioheadに続き、Saul WilliamsもNine Inch NailsのTrent ReznorプロデュースでAlan Moulderがミックスした新譜、The Inevitable Rise And Liberation Of Niggy Tardustを無料か$5か購入者が選べるやり方で販売開始した。$5で購入すると、192Kbps MP3320Kbps MP3FLAC lossless audioの音源にPDFファイルが付いてくるが、無料でダウンロードすると192Kbps MP3の音源とPDFファイルだけがダウンロードできる。つまりCD音質が欲しければ、$5払ってくれ、ということだろう。購入すると、登録したメールアドレスにダウンロード用リンクが送られてくるので、そこからダウンロードする仕組みだ。ちなみにDRMはなく、MP3エンコーディングは音質で定評のあるLAMEとなっている。

日本でも
CD音質あるいはそれ以上の音質でデジタル音源だけ販売し、CDは発売しない動きが始まっているが、手軽にダウンロードでCD音質の音源が入手できれば(価格の問題は残るが)、CDの存在意義が半減することは確実で、今後はCDの売り上げがさらに落ちることは明白だ。こうなると音質面とアートワークの面で圧倒的に有利なアナログLP版を復活させるか、音質面ではデジタル音源が今後しばらくは追いつけないSA-CDに大々的にシフトするしかない。アナログ版の復活はあり得なさそうだから、CDを売り続けたければ、SA-CDにシフトするしかなく、その普及にはプレイヤを数千円から販売するしかないだろう。

indierevolution.jpは、特にSaul Williamsのファンではないので、とりあえず無料でMP3音源をダウンロードしてみた。聴いてみて、気に入ったら$5払って、ロスレス版を入手する予定だ。これはまさにパソコンにおけるシェアウェアの販売の仕方と同じだ。聴いてみて、気に入ったら買うという、こんなに気持ちよく清々しい購買行動は、音楽業界では長らく味わえなかった快感のように思う。聴いて好みかどうか確認するために、友達に音源をコピーしてもらうことさえも著作権違反かどうかなどと馬鹿げた議論を繰り返すような業界側には、この音楽ファンの心理は100年経っても分かるまい。

Radioheadに比べ、よりあからさまにレコード会社への反発を表明してきたNine Inch Nailsだから、単なる新しい音源販売の道を試すというよりも、今後はレコード会社不要論者の立場から積極的なインディ活動を展開することも予想される。Radiohead以上に過激なショックを業界に与え、日進月歩の音楽業界の改革/進化をさらに加速化するかも知れない。

ただし日本においては、JASRAC信託していると、たとえ著作者であっても、たとえ試聴の目的だとしても、音源をダウンロードさせれば、JASRACにお金を払わなければならない。海外の波が日本に押し寄せてくれば、逆転現象でJASRAC離れが起きる可能性もある。著作権管理団体の存在を否定する気はないが、包括契約や補償金とほとんど無関係なインディは信託するべきかどうか、これまでになく慎重に考える必要がある。