New Myspaceが一般公開

ついにNew MySpaceが一般公開となった。

最初に書いておくが、まだベータ版で正常に動作しない機能もたくさんあるので、急いで使用開始する必要はないと思う。

以前、MySpaceにアカウントを持っていたアーティストは、旧アカウント情報でSign Inすることで、旧アカウントのユーザ名やURLが使える(すでにNew MySpaceで使われている場合は、使用できないことがある)。

このユーザ名やURLは、New MySpaceでまだ使われていないものへ変更できるようだ。好みのユーザ名をキープしたいなら、今のうちにSign Inしてユーザ名を確保するのも手ではある。

また旧アカウントにアップロードしていた楽曲ファイルは再利用できるが、それ以外のコンテンツは再利用できない。

上部のTake me back to Classic Myspaceをクリックすれば、旧MySpaceにログインすることもできるが、今更旧MySpaceを積極的に使う人もいないだろう。

誤解を恐れずに言えば、New MySpaceは、音楽版の
PinterestにFacebookの知り合いや友人との緩やかなコネクションを付け加えたような世界観だ。

アーティストやエンターテイナー、楽曲やアルバムを検索し、気に入ったものとConnectしていくと、自分のホームに追加されていく。逆に言うと、Connectしないと、基本的にホームは真っ白けだ。

これに、好みのジャンルの楽曲が再生されるラジオ(はっきりとは言えないが、日本向けにストリーミングする権利が取得できていないためか、現時点では日本では正常に動作しないようだ)や、気に入った楽曲のプレイリストのようなものを作って再生する機能があるので、Pinterest+Facebook+Spotifyのような感じとも言える。

自分のページを自由にカスタマイズする機能がないので、以前のMySpaceのようにアーティストがホームページ代わりに使うのは難しいだろう。

また、現状、アップロードして管理できるコンテンツは楽曲だけで、写真やビデオへの対応は、今後と言うことらしい(写真については、ストリームあるいは新しく作ったMixにアップロードすることはできる)。

せめて他のオンラインストアが提供するウィジェットや外部ストアへのリンクが貼り付けられれば、プロモーションとしての使い道も見えてくるのだろうが、今のところHTMLコードをコピーしたり、プラグインを追加する機能はないので実現できない。

楽曲をアップロードし、他のメンバーにせっせと宣伝していくら聴いてもらっても売り上げに繋がらないことは、旧MySpaceで証明されているから、今後の機能の拡充に期待するしかないだろう。

なお、楽曲再生にFlashが使われているので、スマートフォンでの利用には、モバイル版が出るまで待たざるを得ない。実際のところ、iPhoneでSign Inしようとすると、モバイルアプリを開発中とメッセージが表示されて先へは進めない。