JASRACに公取委の調査

ついに公取委によるJASRACの立ち入り調査があった。遅すぎるとも言えるが、これでJASRAC帝国の崩壊が始まるだろう。

indierevolution.jpは、JASRACを否定しているわけではないが、そのシステムや構造、成り立ちなどに、大いに疑問を持っている。例えば、今回の調査は「JASRACと放送事業者の間で結ばれる包括契約により、放送事業者が他の使用料徴収代行団体と契約しにくくなっている」という、一般には分かりにくい理由なのだが、これはJASRACの包括契約というやりかたが時代遅れてあることと、ある種の矛盾を抱え込んでいることに原因がある。

詳しい話をし始めるとここに収まりきらないので割愛するが、現在、JASRACと放送事業者が包括契約を結べば、JASRACに著作権使用料徴収代行を信託している楽曲については、放送事業者(基本的にTVとラジオなどで、ネットラジオは入らない)は使い放題、かけ放題ということになっている。JASRACは、放送事業者からもらう包括契約の使用料(放送事業収入の1.5%)を信託楽曲に分配している。ここで問題になるのは、分配の基準が明らかになっていないため、JASRACが恣意的に分配を行っている、あるいはその基礎となるモニタリングを操作しているのではないか、という疑惑があることと、他の使用料徴収代行団体に信託されている楽曲が、この包括契約でカバーされないという2点だ。この問題は、相互に関連しているのだが、理解するのはちょっと難しい。

例えば、放送事業者は、包括契約を結んでいるのだから、支払っている1.5%ですべての楽曲を自由に放送したいのだが、JASRAC信託曲以外については、別途それぞれの徴収代行団体と別の包括契約を結ばなければならない。しかしそんな団体と1.5%ずつ契約していたら、利益が出ないので、結果、JASRACとだけ包括契約を結ぶということになる。さらに言えば、インディのように徴収代行団体に信託していない場合は、個別に契約する必要があるため、事実上、放送される可能性はない。

しかし、放送事業者はキューシートというものを持っており、どの曲がいつ放送されたかという情報は存在している。ということは、その情報を一括して管理して計算し、それぞれの信託先に1.5%から分配すれば、JASRACとだけ契約しなくてもいいはずなのだ。しかも信託されていない楽曲についても、ネット上のデータベースにでも公開しておけば、アーティスト自身が自分で検索して、必要に応じて請求を行うことができるはずだ。実際、海外では、このやり方に近い方法がとられている。なお、ネットラジオについては、日本では現在放送として認められていないが、楽曲の放送データはすべて自動でログできるので、海外のように放送と認めて、包括契約を許せば、もっと話が簡単になる。

JASRACは独立した団体だから、包括契約の一括管理は仕事ではない、という反論もあるだろうが、あれだけ天下りがいて、ほぼ市場を独占していて、独立した団体だから、勝手にやらせてもらいます、というのは、無責任だ。今回の調査がJASRACに対するプレッシャーになって、一気に状況が好転することに期待したい。