Nokiaが、音楽販売に進出

フィンランドのNokiaは、Nokia Music Storeという音楽販売サービスの開始を発表した。これは、この30日に発表されたPCと携帯電話で利用できる新たなSNSを中心としたOviという統合サービスの一部で、楽曲は192KbpsWindows Media Audioファイルで提供される。価格は、1曲1ユーロでアルバムは10ユーロと、競合サービスとほぼ同じ。月間10ユーロの購読サービスもある。携帯電話のマルチメディア展開が進んでいる日本から見ると、ちょっと今更という感じだが、パケット定額制も一般的とは言えない遅れた(?)ヨーロッパにおいては、新しいサービスとして歓迎されるだろう。また日本の着歌などは値段が高い、音が悪い、の二重苦にあるわけで、Nokiaを見習って欲しい。