OnesheetがV2に

FacebookやYouTube、MySpaceなど、複数のサイトに散逸する情報を、一つのホームページにまとめてくれるOnesheetが、V2にアップグレードした。

V2の目玉は、Amazon MP3やCD Babyなどのストアウィジェットへの対応だろう。

また、ミュージシャン以外にも、映画やTV番組、コメディアンなど、あらゆるエンターテイメントのジャンルで対応できるようになった。

インディミュージシャンにとって嬉しいのは、これまで有料だったカスタムドメインが無料になったことだ。これで、ホームページを持っていないミュージシャンがOnesheetをホームページとして利用することも可能になる。

英語のサービスで、対応するサイトも海外のものばかりだが、無料でほとんどの機能が使えるので、海外展開を視野に入れているインディは、試してみても良いだろう。