米AmazonがAutoRipサービスを開始

米Amazonは、同社から対象CDを購入すると、同時に無料でMP3音源(256Kbps)が入手できるAutoRipと呼ばれるサービスを発表しました。

これは、AutoRipロゴが付いた音楽CD(AutoRip CD)を購入すると、Amazon MP3で購入した音源同様に該当アカウントのクラウドストレージにMP3音源が保存されるというもの。

しかも、AutoRip CDであれば1998年まで遡って、購入したCDのMP3音源が無料で提供される。

なお、CDの購入時点でMP3版が用意されるため、CDが届く前に、アカウントにログインしてウェブブラウザか同社のCloudPlayerアプリで再生可能になる。

現時点では、メジャーなものを含め、50,000点以上のCDがAutoRip CDとしてカタログされている。

ダウンロード販売では、物理的な媒体が手元に残らなくて味気ないと考える向きには嬉しいサービスだろう。

CDがどんどん売れなくなる中、AutoRip CDの売り上げがどのように推移するか、今後注目したい。

なお、残念ながら日本のAmazonでは、米Amazonが昨年始めたiTunesライブラリ内の曲を自動で用意するインポート機能同様に、このAutoRipも提供されないようだ。