インディがカバー曲を販売する場合、頭を悩ませるのがライセンスの問題です。ちなみに他人の曲をカバーして販売するためのライセンスを、メカニカルライセンスと呼びます。


日本でCDをプレスして販売する場合、JASRAC信託されている曲ならJASRACで二次使用申請を行い、使用料を払ってからCDを制作すればよいので比較的分かりやすいでしょう。これは邦楽でも洋楽でも同じです。詳細は、JASRACにお問い合わせください。

一方、JASRAC信託されていない曲の場合は、個別に許可を得てライセンスを取得しなければなりません。

とは言え、著作権者あるいは著作権管理者と個別に交渉するのは厄介です。邦楽でも、誰が交渉相手か分からない場合もありますし、いくら調べてもその連絡先が分からないこともあります。洋楽の個別交渉は、考えただけでも頭が痛いでしょう。JASRAC信託されていない楽曲のカバーについては、相手が知り合いでもない限り断念したほうが良いかも知れません。

次にCDではなく、ダウンロードやインタラクティブなストリーミング、リングトーンといったデジタル販売を行う場合について見てみましょう。

後述の通り、国内のJASRAC提携ストアにおけるデジタル販売の場合、JASRAC信託曲でも事前に二次使用申請を行う必要はありません。しかし勝手に録音して発売できない曲もあるので、JASRAC で登録状況を調べるなどして、必ず事前に権利関係の問題がないことを確認する必要はあります。

日本のデジタル販売の場合、JASRAC信託されている曲の著作権使用料は、楽曲を販売するデジタル販売サービスが、その曲の売り上げからJASRACに直接支払うことになっています。ですから、例えばiTunes Store Japanで売れたカバー曲の使用料は、iTunes Store JapanがJASRACに支払います。アーティストが払う必要はありません。iTunes Store Japanが売り上げから使用料を払っていますので、アーティストが受け取る売り上げは使用料が差し引かれた金額になります。

問題は海外のデジタル販売ストアです。海外はJASRACの管轄外になりますから、JASRACからライセンスを得ることはできませんし、デジタル販売ストアがJASRACに使用料を直接払うこともありません。

またJASRACは海外の著作権使用料徴収代行団体と提携して使用料を間接的に徴収することができる場合がありますが、どの国のどのサービスがどのライセンスを対象に使用料を払っているのか、JASRACと提携があったとしても本当にJASRACに使用料が支払われているのか知ることは困難です。

さらに、日本や他の主要国と異なり、米国ではデジタル販売ストアがカバー曲の使用料を使用料徴収代行団体に払いません。

ですので、海外のデジタル販売の場合は、使用料は一切払われていないものと考えてメカニカルライセンスを取得するのが無難です。場合によっては使用料を二重に払う結果になりますが、使用料を払わずに違法にカバー曲を販売し続けるよりはましです。

そこで海外でカバー曲を販売するためのメカニカルライセンスを取得するわけですが、その処理はすべてがオンラインで完了します。海外のオンラインストアで買い物をするのと大差がなく、多くのインディが想像するであろう面倒な手続きは必要ありません。

米国でインディがカバー曲のメカニカルライセンスを取得するもっともよく知られた方法は、
Harryfox AgencySongfileRightsFlowLimelightです。

どちらもサービスの内容はほとんど同じですがHarryfoxのライセンスの期限が1年間で毎年買い直す必要があるのに対し、Limelightのライセンスには期限がありません。

手数料はライセンスの組み合わせや数によっても変わりますので一概に言えませんが、LimelightもSongfileもさほど変わらないと考えてよいでしょう。

ただし邦楽の場合、SongfileでもLimelightでもメカニカルライセンスを取得できる確率は低くなります。
SongfileのPublic Searchで試しに「Eikichi Yazawa」(矢沢永吉)、「Yosui Inoue」(井上陽水)、「Maamune Kusano」(草野正宗)などを検索すれば、邦楽でも登録されている曲とされていない曲があることは分かるでしょう。特にLimelightは、米国で発表された楽曲を対象に強制メカニカルライセンスを確保するので、邦楽のライセンスが取得できる確率は著しく低くなります。

Songfileには、英語が苦手な日本のアーティストには取っ付きにくい部分がありますが、Limelightが2015年3月末で新規ライセンスの発行を終了するので、ここではSongfileを使ったライセンス取得の手順を説明します。

Songfileを使うには、まずアカウントを作成する必要がありますから、Registerをクリックしてアカウントを作成します。

アカウントを作成してログインしたら、SONG FILE下部のGet Started Nowをクリックします。

次の画面でGet A Licenseをクリックします。

開いた画面のType of license?でiTunes Store、Amazon MP3、Google Playなどのダウンロード販売ならPDDを、SpotifyやDeezerなどのインタラクティブなストリーミングならInteractive Streamingを指定してNextをクリックします。

How many downloads (per song) do you expect to distribute in the next 12 months?に向こう1年間で販売予定の数を入力します。

What are the names of the websites that will be offering these PDDs, if known? Please separate each site with a comma.に販売するサイト名を入力します(なお、表示される文章は、上で指定したライセンスの種別によって若干異なります)。複数ある場合は、カンマ(,)で分割します。不明あるいは未定な場合は、空欄にします。

What are the addresses (URLs) for any sites named in the previous answer? Please separate each web address with a comma.に上で入力したウェブサイトのURLを入力します。複数ある場合は、カンマ(,)で分割します。不明あるいは未定な場合は、空欄にします。

Where do you plan on distributing your recording?では、「Inside the United States」を選びます。

Nextをクリックします。

カバーしたい曲の曲名あるいは作詞作曲者、あるいはHarryfoxのPublic Searchで検索した際に表示されるHarryfox Agency Song CodeをそれぞれSong Title、Writer、HFA Song Codeに入力してSearchをクリックします。なお曲名あるいは作詞作曲者は、半角ローマ字で入力しなければなりません。

カバーしようとする曲の情報が表示され、Licensable on Songfileが100%の場合は、該当楽曲のAdd to cartをクリックします。Licensable on Songfileが100%以下の時はライセンスできませんので諦めることになります。

カート内の項目が表示されるので、再度内容に間違い無いか確認し、よければCheck outをクリックします。

次の画面のRelease Dateには、カバー曲の発売日を月/日/年形式で入力します。

Play Time†には、カバー曲の長さを秒単位で正確に入力します。ここでサバを読んではいけません。

Artist(s) Performing This New Recordingには、カバー曲を販売するアーティスト名を入力します。

ISRC Code - International Standard Recording Code (Optional)には、カバー曲のISRCコードを入力します。ISRCCodeがない場合、ISRCがなんだかわからない場合は、空欄にします。

Version Comments‡には、同じ曲をロック風とボサノバ風など、複数のバージョンでカバーしている場合、どのカバーバージョンのライセンスか判別するためにRock Versionのように入力します。同じ曲のカバーを1曲しかしない場合は、空欄にします。

Nextをクリックします。

曲名と料金が表示されるので確認し、問題がなければ、Licenseeに販売を行うレコード会社、レーベルあるいは個人名を半角ローマ字で入力します。

なお、ライセンス1件毎に手数料が$16かかります(2015年1月15日時点)。つまり、1曲でもダウンロード販売とインタラクティブなストリーミングを注文すると、それぞれに$16ずつ合計で$32の手数料がかかります。手数料を節約するためにも、可能な限り多くの数のライセンスを一括して注文するのが得策ですが、期限がありますので1年間で売り切る数にしておくことも重要です。

使用料は2014年9月15日現在、5分以下の曲なら、ダウンロードが1回当り約$0.091で、5分を超えると1分毎に$0.0175加算されます。リングトーンが1回当たり$0.24、インタラクティブなストリーミングが1回当たり$0.01で、どちらも曲の長さは関係ありません。

連絡先を半角英数字で入力します。

Payment MethodでCredit Cardを選びます。

Nextをクリックします。

利用許諾が表示されるので、問題がなければAcceptをクリックして同意します。

クレジットカード情報を入力します。

クレジットカードの登録住所を入力しますが、上で入力したLicenseeの住所と同じならオプションをチェックすることで入力作業を省けます。

Nextをクリックして問題なければ、I Authorize The Transactionをクリックして、カード決済を承認します。

ダウンロード販売とインタラクティブなストリーミングなど、同じカバー曲に対して異なる種類のライセンスを購入する場合は、その都度、最初へ戻ってライセンスを購入します。

注意しなければならないのは、この段階ではまだメカニカルライセンスが取得できたわけではないということです。これからSongfileが、注文した曲のライセンスが取得できるかを調査し、ライセンスが取得できたら電子メールで通知が届きますので、ログインしてライセンス証書(PDF)をダウンロードして保管しておきます。

米国のほとんどの曲、そしてそれ以外の主な洋楽については、Songfileでライセンス取得が可能ですが、曲によってはライセンスができない場合があります。ですので、ライセンス取得の通知が来るまで発売してはいけません。

上記で取得したライセンスの数を売り切ってしまったら、追加してライセンスを購入する必要があります。その場合は、Songfileにログインし、「View My Licenses」をクリックして「Reorder」から追加ライセンスを注文することができます。その際の手数料は、初回同様に$16となります。

ライセンスの数を売り切ってしまったのに、追加してライセンスを購入せずに販売を続ければ違法となります。カバー曲を販売する場合は、売り上げの状況に常に注意し、売り切りそうになったら早め早めに追加ライセンスを購入するようにしてください。

なお、Songfileも米国での販売を前提にしています。米国以外でも販売を行う場合は、販売が行われるすべての国で個別にメカニカルライセンスを取得する必要があります。

ただし複数の国でサービスを展開する主なデジタル販売ストアは、米国でのメカニカルライセンスを他国での販売に適用できるのが普通です。

心配な場合は、各デジタル販売ストアに確認してください。アグリゲータを使って全世界でデジタル販売を行うインディは、心配ならカバー曲の取り扱いについてアグリゲータの利用規約や契約を確認してください。

- 以上 -