アマチュアバンドは、洋楽や邦楽のカバー曲を演奏することが多いでしょう。ライブでもカバー曲を主に演奏していると思います。

あまり意識することはないと思いますが、カバー曲を人前で演奏するには使用料を払う必要があります。そしてライブハウスで演奏する場合、基本的にライブハウスが使用料を払っているのです。だからアーティストが使用料を気にすることはほとんどありません。

では、録音して配る場合はどうでしょう? 例えば、CD-Rを焼いて友達に配ったり、CD屋さんの店頭に無料CD-Rとして置いてもらったり、あるはホームページで無料で再生できるようにした場合です。

このように無料で配る場合、使用料なんて要らないと思っている、または要るのかどうかよく知らないけど気にせず配っているというアマチュアバンドは多いと思います。

無料であっても、カバー曲を不特定多数の人に配ったりホームページを含めた公の場で再生するためには、使用料を払う必要があります。使用料を払わなければ、違法とみなされます。

つまり、自分たちの演奏を聴いて欲しいだけで儲けるつもりがなくても、申請して使用料も払ってライセンスを取得しなければならないわけです。

国内では、メジャーな曲の多くのライセンスをJASRACが管理しています。でも、その申請は煩雑だし、使用料も高いし、アマチュアバンドにとって選択肢になりません。

一つの方法は、YouTubeにカバー曲の動画をアップロードすることです。日本でよく知られた曲の多くは、特別な許諾やライセンスなしでカバーをYouTubeにアップロードすることができます。

もう一つの方法は、視点を変えて米国でカバー曲のライセンスを買って、
CD BabyTunecoreなどのアグリゲータ(楽曲をデジタルストアにディストリビューションしてくれるサービス)を利用してiTunes Storeのようなオンラインストアで公開することです。

米国の場合、大量に販売しなければ、カバー曲のライセンスを買うのは日本よりずっと簡単で使用料も安く設定されています。

そして、こうしたカバー曲のためのライセンスを米国ではメカニカルライセンスと呼んでいます。

米国でアマチュアバンドがカバー曲のメカニカルライセンスを取得するもっともよく知られた方法は、
Harryfox AgencySongfileEasySongLicensingでしょう。

どちらのサービスもアーティストから見たら内容はほとんど同じですが、Songfileのライセンスの期限が1年間で毎年買い直す必要があるのに対し、EasySongLicensingのライセンスには期限がありません。

手数料はライセンスの組み合わせや数によっても変わりますので一概に言えませんが、EasySongLicensingの方がSongfileよりも安く設定されています。

こうしたサービスを使ってメカニカルライセンスを取得する場合、すべてがオンラインで完了します。海外のオンラインストアで買い物をするのと大差がなく、多くのアマチュアバンドが想像するであろう面倒な手続きは必要ありません。

ただし邦楽の場合、SongfileでもEasySongLicensingでもメカニカルライセンスを取得できる確率は低くなります。比較的可能性が高い
SongfileのPublic Searchでさえ、試しに「Eikichi Yazawa」(矢沢永吉)、「Yosui Inoue」(井上陽水)、「Maamune Kusano」(草野正宗)などを検索すると、邦楽でも登録されている曲とされていない曲があることは分かるでしょう。

上記のPublic Searchで検索して結果に表示されない場合、HarryFoxに対してカタログへの掲載をリクエストすることもできます。

また、Songfileでは、著作者やパブリッシャがHarryFoxにライセンスの発行を許可していない曲があります。このような曲のライセンスはSongfileから購入できません。

一方、EasySongLicensingなら、米国で発表されたほとんどの曲のライセンスが購入できますし、正式に注文する前にライセンスが購入できるかどうか必ず調査してくれます。

Songfileには、英語が苦手な日本のアーティストには取っ付きにくい部分がありますから、EasySongLicensingの方をお勧めします。EasySongLicensingでライセンスを購入できない曲があれば、次にSongfileを試すのが良いでしょう。

なお、EasySongLicensingの場合、ダウンロードカードサービスの
FizzKicksを提供するSpinApp Japanが日本語でのライセンス購入を代行してくれるようになりました。手数料がかかりますが、英語が苦手なアーティストは検討してみてください。

また、カバー曲のライセンスをオンラインで購入する場合はクレジットカードでの支払いが前提になりますが、クレジットカードが使えない中学生や高校生でも、EasySongLicensingでのライセンス購入をSpinApp Japanに代行してもらえば、銀行振り込みでの支払いが可能です。


- 以上 -