アマチュアミュージシャンが日頃の練習の成果を発表する機会の一つにコンテストがあります。コンテストの種類にもよりますが、多くの場合、エントリーしたアーティストの演奏はウェブで試聴可能となり、場合によってはラジオでオンエアされることもあります。

人前で演奏する機会が少ないアマチュアミュージシャンにとって、多くの人に演奏を見てもらうためにコンテストを利用するのは良いアイデアです。優勝する必要はありません。エントリーしてリストに名前が載り、楽曲が試聴できる状態になるか、自分のホームページやブログ、YouTubeチャンネルへのリンクが掲載されれば、目的の半分は達したといえるでしょう。後は、可能な限り選に残り、優勝できたら最高ですね。

ネットを検索してみれば、いつでもどこかでアマチュアミュージシャンのコンテストをやっています。有料のものもありますし、無料のものもあります。審査員がいたり、リスナーが審査員だったり、コンテストを勝ち抜くとお金がもらえたり、CDを作れたり、大きなフェスティバルに出演できたりします。

コンテストの目的の一つが多くの人に演奏を聴いてもらうことですから、何でもかんでもエントリーすれば良いわけではありません。エントリーしても、陰で静かに選考されて、いきなり発表というようなコンテストでは、優勝のご褒美がどんなに魅力的でも意味がないのです。無料でエントリーでき、オンラインあるいはラジオなどでかかるものがよいでしょう。エントリーに数千円の費用がかかるのは、痛い出費ですが仕方ありません。

この項では、コンテストの選び方、効率の良いエントリーの仕方、コンテストを利用してできるだけ露出する方法、などについて考えてみます。

同時に、ネット上で情報が公開されている国内外の
コンテスト情報をできるだけ集めて一覧したいと思います。なお、あくまでインディ向けのコンテストが対象であってオーディションはできるだけ無視しています。コンテストの概要は常に変更される可能性がありますから、一覧に記載した内容については必ずそれぞれのホームページで内容を確認してください。なお締め切りを過ぎていても、募集終了がアナウンスされていないと一覧に掲載し続ける場合があります。

情報に間違いがあってもindierevolution.jpは一切責任を負いませんのでご了承ください。

この一覧にコンテスト情報の掲載を希望される関係者の方は、
電子メールにてご一報ください。