CDを制作する場合の選択肢に、CD-Rによる自主制作があります。今や自作の曲をパソコンにデジタル録音し、それをCD-RにオーディオCDとして焼くことは簡単です。手間はかかりますが、10枚ずつとか、その都度必要なだけ焼けるので無駄な出費もなく、在庫の保管場所に困ることもありません。

オーディオCDを焼いて、インクジェットプリンタでレーベル面を印刷して、ジャケットもインクジェットプリンタで印刷すれば、パッと見、CDショップに並んでいるメジャーレコード会社の製品と見分けはつきません。

しかし、CD-Rでアルバムを作っても、音質に問題はないのでしょうか?

世の中には、「CD-RはCDより音が悪い」とか「CD-Rはプレイヤを壊す」と言っている人たちがいます。もし本当なら、CD-Rでアルバムを作って販売するなんてもってのほかです。

でも、心配には及びません。結論から言えば、これは「間違った情報」です。

indierevolution.jpを読んでくれている人達の中には、輸入版CD屋さんでCD-Rと明記された輸入版を買ったら、音質が悪く、音がグワングワンしていたとか、プレイヤで再生できなかったという体験をした人もいるでしょう。その辺が「CD-Rは駄目」という話の出所の一つと思われます。でも、こうした低品質のCD-Rの音源は別の音源からアナログコピーされたものだったり、何回も複製を繰り替えされて劣化していたり、音質の低いMP3だったりします。海賊版、つまり厳密に言えば違法なものも少なくありません。つまり音が悪い原因は、CD-Rだからではありません。そんなCDは、CDでもCD-Rでも、どっちにしろ「ちゃんとした音」では鳴らないのです。

技術的に言えば、オーディオCDをプレスする際のマスターにはCD-Rを使っているのですから、CD-RがCDより音質面で劣っているわけがないのです。また最近のプレイヤは、CD-R対応を謳っている製品がほとんどですので、そんなプレイヤを壊すこともありません(CD-R非対応のプレイヤおよび古くてレーザが劣化しているプレイヤについては、この限りではありません)。

じゃぁ、どんどんCD-Rでアルバムを作れば良いのか、というと、そうでもないのが悩ましいところです。

CD-R自体に音質的な問題がないことは前述しましたが、オーディオCDを作成する環境によっては、「CD-RはCDより音が悪い」結果となりうるからです。詳細は、三才ブックスの「
焼きミスよさようなら!! DVD/CD-R パーフェクトデータ(森康裕 著)」などの専門書を参照してもらうとして、結果から言えば、多くの電化製品のプラグが刺さったコンセントからたこ足配線された、CD-Rドライブを内蔵したパソコンでオーディオCDを焼くと、音質が落ちる可能性が高いのです。同様に、CPUパワーが非力で、メモリ容量も少なく、インターネットに常時接続されて、多くのプログラムが同時に実行されているパソコンを使っても音質劣化の原因になります。また100円ショップなどで売られている、輸入された安いCD-Rを使っても音質は落ちます。最後に、あまりに低速あるいは高速で書き込みを行うと音質が落ちます。しかも音質劣化だけでなく、古いCDプレイヤの機械部分に負荷をかけて、結果として壊れる原因になることもあります。

つまり、まず十分なCPU性能とメモリ容量を持ち、オーディオCD作成以外のプログラムを起動しておらず、ネットワークにも一切接続されていない、いわば専用のパソコンを用意します。OSは、WindowsならXP以降、Mac OS XならTiger以降のような安定したものを使います。CD-Rドライブは外付けを用意します。コンセントは、たこ足配線にせず、またエアコンや冷蔵庫など大型の電化製品と共有しません(さらにエアコンは、念のため切っておきましょう)。使うCD-Rメディアは、必ず国産品にします。書き込み速度は、ドライブにもよりますが、8倍速ドライブでは4倍、
16倍速以上のドライブでは8倍での書き込みを目安にします。ここまでやれば、かなり音質の安定が期待できます。

音質的には、ほとんど影響はないと思いますが、ついでなので、レーベル面についても書いておきます。絶対にシール方式のレーベルを使ってはいけません。シールがドライブ内で剥がれると、ドライブを壊す原因になります。必ずインックジェットプリンタで印刷しましょう。それも可能なら、顔料系インクのプリンタを選んでください。染料系インクだと、水をこぼしたりするとインクが流れてしまいます。また染料インクは、経年変化、特に太陽光に弱く、日光に当たるとどんどん色褪せます。

なおCDのレーベル面を印刷せず、マジックで手書きするインディもいますが、お勧めはしません。確かに味があっていいのですが、レーベル面のデザインは販売に影響しますので、必ずプリンタで印刷するようにしましょう。

こうした作業が煩わしい、予算が限られていて、パソコン買ったりドライブ買ったり、プリンタ買ったりできない、という場合は、
オンラインCD-Rデュプリケーションを利用すれば良いのです。海外では、Kunaki.comなどが広く普及しています。日本では、完全にオンラインで完結できるサービスは、まだないようですが、CD-Rデュプリケーションとしては、ジャケットまで印刷して、組み立ててくれる、Discovery Media ProductsCD-R完パケコピーが比較的よく知られています。

CD-Rに音質的なデメリットはないのですから、どんどんCD-Rを利用しましょう。ただし、CDの流通を考えている場合は、利用する流通業者が CD-Rを受け付けてくれるか、事前に確認しておいてください。場合によっては、拒否されることがあるので、注意が必要です。